カードローンの審査で重視される項目とは?

借入をしたくて金融機関へ申し込みをしている方もいれば、今現在検討している方もいるかもしれません。
カードローンの審査が厳しいとよく聞きますが、なぜそう言われているのか気にしたことのある方はいませんか?
厳しいと言われているのは、審査基準がはっきりと定められていないからという事が理由で、実際落とされてしまった方の半数が勤続年数によるものだったようです。
勤続年数は最低でも1年なければ不利になってしまいますので、職を変えたばかりの方や新社会人の方はもう少し待った方が良いでしょう。


カードローンの審査では家族構成も?

勤続年数や年収、借入件数なども重視されるのですがもう一つチェックしている項目があるのです。
それが家族構成だと言われていて、一人暮らしをしている方よりも親と同居している方の方がカードローンの審査に通りやすくなっています。
なぜ一人暮らしが不利になってしまうのかと言いますと、夜逃げされてしまうリスクがあるためなのです。
ですから独身よりも既婚者の方が有利、独身でも社宅であれば有利という事になるようです。
もちろん、これだけでカードローンの審査が大きく変わるという事ではないので、ご心配は不要です。


職種も関係ありますか?

申し込む際には職種も大きく関係してきます。
公務員などの会社員であれば有利ですが、自営業やアルバイトの場合は収入金額により異なってきます。
自営業ですと収入が不安定なため、カードローンの審査では不利になって落とされてしまう可能性が高くなっていますが、近年では自営業でも歓迎だと言う場所がありますので、そちらに申し込みをしてみて下さい。
アルバイトやパートでも勤続年数が長ければカードローンの審査に通りやすくなります。