カードローンで大切なのは年数と安定した収入

今となっては条件のハードルが大きく下がったカードローンの審査ですが、あえて大切なことを伝えるとしたらそれは年数です。
どうしてかというと、キャッシング会社はより「安定」している利用者を好むからです。
それはなぜなのかは、以下でご説明いたしましょう。


<安定している方はカードローンも作りやすい>

年収がすごいことよりも、毎月安定した収入があるかどうかが審査では重要になります。
極端な話、去年だけ年収が1,000万円あっても今年の収入が0円なら返せる見込みがないと判断されて、カードローンを発行するのは難しいということです。
対して、たとえアルバイトやパートさんでも毎月数万円の安定した収入が継続していれば、審査に通過することは難しくないのが現在のキャッシングです。


<パソコンやスマートフォンからでも申し込みOK>

Webサービスが発達したおかげで、今ではパソコンだけでなくスマートフォンからでもカードローン利用の申し込みをすることができます。
また、キャッシング会社側もそれを推奨していて、従来の方法よりもよりスピーディーな対応が可能となっています。
即日審査や即日融資ができるようになり、キャッシングおよびカードローンの需要はここにきて急上昇しています。
あなたや周りの方が利用するときには、最低限の収入が確保できていることを確認してからカードローンの申し込みをするようにしましょう。

冠婚葬祭でもカードローンが利用できる

学生も学費や周囲との付き合いの為に出費が重なりますが、大人になればもっと出費が重なりますよね。
何が一番困ってしまうかと言うと、やはり冠婚葬祭ではないでしょうか?
友人が結婚することになったとなればドレスを用意しなければなりませんし、ご祝儀の準備もしなければいけません。
どなたかが亡くなってしまえば葬儀が行われますから、スーツなどを用意して香典も準備しなければなりませんので、出費がかさんでしまいます。
そんな時は、目的別カードローンを利用するのが良いでしょう。


目的別カードローンって?

普通のではなく目的別のローンもありますので、そちらへ申し込むのが良いかもしれません。
目的別カードローンですと通常のローンの利息よりも少しだけ安くなっていることがありますので、金銭面でも安心です。
もちろん、冠婚葬祭に利用できるカードローンもありますから、そちらを利用するのも良い方法です。
初めての事でよくわからない方は、スタッフの方にお問い合わせをして審査など詳しく聞いてから決めることをお勧め致します。


無理せず困ったらご利用を

冠婚葬祭はお金が何かとかかってしまいがちですので、自分でやりくりできない場合は金融機関に頼ってみて。
後で自分が無理なく返済できる範囲内でカードローンを利用して、目的が済んだら少しずつ返済していけば良いのです。
カードローンの審査について不安でしたら、事前にネットなどで調べてみるのが良いです。
無理して費用を用意してしまえば、生活が苦しくなってしまう事もありますので、ぜひご検討されてみて下さい。

カードローンを利用しているのはどんな人?

消費者金融や銀行を利用している方が増えてきていますが、どんな方が利用しているのか気になったことはありませんか?
カードローンを利用しているのはまだ男性の方が多く、女性は少しずつ増えてきているようです。
最近はレディースローンなどを取り扱う場所が増えてきていますから、女性でもカードローンを利用するようになってきています。
また、どちらかといえば若い方の利用者の方が多くなっている傾向にあり、年齢が高くなっていくほど利用者が減っているのです。


カードローンってどのくらい借りているの?

自分はこのくらい借りているけれど、他の人達ってどれくらいの金額を借入しているの?なんて気にしている方も。
カードローンの平均借入額は6割以上が10万円未満だと言うデータが取れていて、少額の借入が中心となっているようです。
若い方やご年配の方など年齢に関係なく10万円未満での借入が多く、次いで10万円以上50万円未満が多くなっています。
カードローンで多額の融資をしてもらっている方は、思っていたよりも少なくてびっくりですね!


利用している理由は?

利用している理由で最も多かったものは、「利用限度額内であれば必要な額を何度でも借入できるから」というものでした。
きちんと借りた分を返済していけば、利用限度額内で何度でも借入が出来ると言う点が人気のようです。
続いて多かったのは「対応スピードが早いから」という理由で、消費者金融は申し込みから審査まで素早く対応してもらえますから、その点がカードローンの大きなメリットにつながっているようですね。

カードローンの審査で重視される項目とは?

借入をしたくて金融機関へ申し込みをしている方もいれば、今現在検討している方もいるかもしれません。
カードローンの審査が厳しいとよく聞きますが、なぜそう言われているのか気にしたことのある方はいませんか?
厳しいと言われているのは、審査基準がはっきりと定められていないからという事が理由で、実際落とされてしまった方の半数が勤続年数によるものだったようです。
勤続年数は最低でも1年なければ不利になってしまいますので、職を変えたばかりの方や新社会人の方はもう少し待った方が良いでしょう。


カードローンの審査では家族構成も?

勤続年数や年収、借入件数なども重視されるのですがもう一つチェックしている項目があるのです。
それが家族構成だと言われていて、一人暮らしをしている方よりも親と同居している方の方がカードローンの審査に通りやすくなっています。
なぜ一人暮らしが不利になってしまうのかと言いますと、夜逃げされてしまうリスクがあるためなのです。
ですから独身よりも既婚者の方が有利、独身でも社宅であれば有利という事になるようです。
もちろん、これだけでカードローンの審査が大きく変わるという事ではないので、ご心配は不要です。


職種も関係ありますか?

申し込む際には職種も大きく関係してきます。
公務員などの会社員であれば有利ですが、自営業やアルバイトの場合は収入金額により異なってきます。
自営業ですと収入が不安定なため、カードローンの審査では不利になって落とされてしまう可能性が高くなっていますが、近年では自営業でも歓迎だと言う場所がありますので、そちらに申し込みをしてみて下さい。
アルバイトやパートでも勤続年数が長ければカードローンの審査に通りやすくなります。

カードローンって何歳から利用出来ますか?

欲しいものが欲しいからお金を借りたい、友達との付き合いでお金を借りたいなど様々な利用目的がありますよね。
カードローンはお金に困ってしまった時に借りることが出来るので、とても人気になってきています。
しかし、申し込みできるのは20歳からと決められている場所がほとんどですので、未成年者は申し込めないようになっているのです。
18歳から申し込めるカードローンを取り扱っている金融会社もありますが、親の同意が必要ですし現実的には審査に通りにくいです。


カードローンは好き勝手に使えない

初めて利用する方の中には、一度申し込みをして無事全て終わらせれば好き勝手に融資してもらえると思っている方もいるようです。
しかし、カードローンはそれぞれいくらまでしか使えませんよ、という利用限度額というものが用意されています。
この利用限度額は、審査の際に年収を基準として決められるものですので、人により異なってきます。
また、消費者金融では総量規制の関係で年収の3分の1までの借入が最高限度額となっているため、事前に確認しておくのが良いでしょう。


利息に気を付けましょう

自分の借りた分だけ返すのではなくて、利息が発生するのでその利息を含めての返済になります。
クレジットカードを使い分割払いをしたことがある方でしたらご存知だと思うのですが、利息はその会社により異なるもの。
同じカードローンといっても利息が異なるため、申し込みをする前に一度比較しておかれるのが良いですね。
現在では消費者金融のランキングサイトもありますから、ぜひ参考にしてみてはどうでしょうか?